修正申告と法人税について

法人税などの修正申告について色々と紹介してきましたが、提出した内容に誤りがあったり、申告漏れが後から判明した場合、自ら修正申告書を提出しましょう。

会社が確定申告書を提出した時、後からになって誤りがあることに気が付き、もし税額を少なく申告していたとします。その場合にはなるべく早めに自ら修正申告書を提出して正しい内容に修正する必要があります。

逆に法人税を納め過ぎていた場合には、きちんと更正することで返金してもらえるので、そちらの場合もしっかり提出しょう。

赤字だったのに、会社が計上する“欠損金”の額が過大に記入してしまっていた場合、または還付金が過大であったことがわかった場合にも修正申告書を提出刷るといいでしょう。また、法人税などの修正の為に、修正申告書を提出した場合、正しい税額に直すことはもちろん、それまでに納付した税額との差額を納めること、そして延滞税などの附帯税を納めなければいけないので、そのことを忘れないでくださいね。

法人税というのは会社にかかってくる税金ですから、それの間違いがあった場合、しっかりと修正する、更正することは会社のイメージにもつながることですから、確実に間違いがないように正しく直しておきましょうね。放っておけばもし税務調査が入った時などにも、面倒なことになってしまう場合もありますし、何よりも指摘されてから修正するよりも、自ら行った方が、加算税も少なくて済みますからね。

Comments are closed.