修正申告と法人税についておさらい

修正申告とは、今までも書いてきましたが、読んで字のごとく、前回に提出したはずの『確定申告書』を修正する為の申告書のことですよね。

普通は、自らが間違いに気付き修正申告するか、税務調査によって指摘されてから修正申告する場合とがあります。ですがもし、税務調査ではじめて間違いが発覚し、修正申告をすることとなった場合には、『過少申告加算税』というものが課税されますよね。一方の、自らの修正申告の場合には、この過少申告加算税は課税されないのです。ただ『延滞税』に関してはしっかりと日数計算でとられてしまいますから、結局加算して支払わなくてはいけないことには違いありません。なるべくなら完璧な状態で提出しておいた方がいいですが、もし間違いに気づいても面倒だから放っておこうとは思わずに、早めに修正申告することをおすすめしますね。

修正申告に関することと言えば、法人税もそのうちのひとつですよね。法人税とは、法人が得た所得に『課税される税金』のことで、個人の所得に課税される所得税と並んで、日本の租税体系の中心となっている国税なんだそうです。ちなみに法人とは、株式会社や有限会社、そして協同組合などのことですね。そして法人が得た所得に課税される税金とは、売り上げから必要経費などを差引いた額のことなんですね。

そんな法人税の間違いにもし気づいたら、早めに修正しておいた方がいいでしょうね。法人税というのは「国税であり、日本の租税体系の中心となっているとのことですが、そんな日本を支えている税金のひとつなのですから、しっかりと不正をはたらかないようにして、確定申告(または修正申告)しましょうね。

Comments are closed.