修正申告と法人税について

修正申告について書いてきましたが、修正申告とは字のごとく、確定申告の申告内容の間違いを修正するというものですね。それは法人税に関することも同じです。修正申告と言うのは、税務署からの調査を受ける前に自ら修正申告をすれば、【過少申告加算税】はかからずに済むそうです。ですが、確定申告が期限後申告となってしまった場合は【無申告加算税】がかかる場合もあるのでご注意を。

そして新たに納めることとなった税金は、修正申告書を提出する日が納期限となるので、必ずその日に納めるようにしてくださいね。

還付される税金が多過ぎた場合や、納める税金が少な過ぎた場合に行うのが修正申告なのですが、この場合には誤った内容を訂正するための修正申告をしなければいけませんよね。そしてこの修正申告をする場合には、注意しなければ行けないこともあります。
それは、申告した内容がもし誤りだったと自分から気がついた場合。そういった場合にはできるだけ早めに修正申告したほうがいいでしょう。

もしそれが税務署からの調査を受けた後に修正申告をしたり、税務署の方から申告税額の更正を受けたりすると、また新たに納めることとなった税金のほかにも【過少申告加算税】がかかってしまうのです。そして一番気になるこの過少申告加算税の金額というのは、新たに納めることとなった税金の10%相当だそうです。

ただし、その新たに納めることとなった税金が当初の申告納税額か50万円とのいずれか多い金額を超えているという場合なら、その超えている部分については15%となるのだそうです。

法人税に関するニュースなども近頃は結構聞きますが、修正申告しなくても済むように、きちんと対応しておきましょう。

Comments are closed.