法人税について

改めて法人税について調べたところ、法人税とは、法人の所得金額などを課税標準として課される税金。法人税とは国税であって、直接税、広義の所得税の一種。日本の法人税というのは主に昭和40年法律第34号に規定されたのが法人税法。租税特別措置法や震災特例法などの特別法によって、修正を受ける。というようにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』には説明してありました。

ここではいろいろな詳しい法人税について書いてきたつもりですが、ここのウィキペディアでの法人税を説明する言葉が一番わかりやすいように思えたので紹介しておきました。

ここで修正申告と法人税について自分のための勉強も兼ねてしっかりと調べ始めたわけですが、最近法人税の脱税のニュースが多く目につくような気がします。残酷なニュースなどに次いで嫌な気持ちになるものばかりです・・・。申告して納めれなければいけない税を、故意で納めていないということは、みんなが納めている税なら自分もしっかりと納めるべきだと思います。世の中の人と同じことをしていないということは、不公平なことですよね。ごまかそうという気持ちが1番嫌ですよね・・・。しかも結局見つかって(絶対見つかりますからね)余計な加算税などを払わなくてはいけないことを考えると、何をしているのかよくわからなくなりますよね。

故意に・・・じゃなくても後々余計な修正申告などはしなくてもいいように、前もってしっかり法人税の申告しておくことが大事なんですよね。

Comments are closed.